美容お健康に関係する女性ホルモンの話

女性ホルモン

女性の美容と健康に大きな関係がある「女性ホルモン」。しかし、女性ホルモンのことをよく知らないという人も多くいます。「女性ホルモンって何?」「女性ホルモンを増やす方法はある?」など疑問を解決していきたいと思います。

 

【そもそも女性ホルモンとは?】

ホルモンは体内で分泌される物質で、様々な器官や組織をコントロールしています。そんなホルモンの中でも、女性特有のの体つきやリズムに大きな影響を与えるのが「女性ホルモン」です。

 

この女性ホルモンは、卵巣から分泌されるホルモンで、「エストロゲン」と「プロゲステロン」の2種類存在しています。エストロゲンは、女性らしさに関わる卵胞ホルモンで、代表的な女性ホルモンです。肌や髪の毛の潤いなどを守ってくれたり、女性特有の丸みを帯びた体つきにしてくれたりして、女性の体全体の健康を支える役割も果たしています。

 

プロゲステロンは、妊娠をつかさどる黄体ホルモンで、受精卵の着床のために子宮内膜を整えてくれたり、基礎体温を上昇させたりする働きがあり、妊娠維持のために活躍してくれるホルモンです。プロゲステロンは、体内に水分を保つ作用もあり、生理前に体に変化が現れるのは、プロゲステロンの働きだと言われています。

 

この2種類の女性ホルモンは、月経と連動しており、一定の周期でそれぞれの分泌量のバランスを変化させています。特に女性らしさに関連するのが「エストロゲン」です。女性が一生のうちに分泌する女性ホルモンの量は「スプーン一杯分」ほどと言われており、そんなわずかな量で、女性の美容と健康に関連しています

 

【女性ホルモンを増やせるのか?】

結論から言ってしまえば、女性ホルモンを増やすことは「できません」。理由としては、その分泌量は年齢と共に大きく変化して、ピークが「20代後半から30代前半」です。30代後半になってくると、分泌量も徐々に低下し始め、その後は減少を続けるのみになってしまいます。

 

「イライラする」「急な汗」「不安」など女性特有の「ゆらぎ」が起こるのは、閉経前後の「40代後半から50代前半」くらいです。さらにこの年代は、生活環境も変わりやすく、家庭や仕事で、疲れやストレスが溜まりやすくなっています。そのため、若い時のようにムリも効きにくくなり、ホルモンバランスが乱れてしまいます。

 

【まとめ】

女性ホルモンが減少していくのを食い止める対策があります。それは「食事のバランス」や「良質な睡眠」「体を積極的に動かす」「楽しいことを見つける」などがあります。先程説明した「ゆらぎ」の緩和にも繋がるので、ぜひ試してみてください。
日々の疑問を即解決!【saintjosephsatlanta.org】